あまり良くないことだと思いながらも、スマフォを子どもに持たせて

あまり良くないことだと思いながらも、携帯を子に持たせて遊ばせたことがある父兄が多いという作文を読んで、携帯による割合とそのリスキーを感じた。携帯は今や多くの人が有する一般的なものである。車両の間を見渡すと約8割上記が携帯に目がいってある。子にとってスマホなどは、パーソナリティーを働かせたり、知的興味を刺激しうるものだが、同時にその癖性からアクション手薄、視力の悪化も懸念される。また、貴重な父兄と暮らす時間を減らしている可能性も残る。携帯は、父兄としても子に渡せばいいだけなので手軽である結果、子と共に遊んだり、ガイドブックの読み聞かせの時間を奪ってしまた可能性がある。成長過程である子期にとって父兄とのコッテリ時間は非常に重要である。
父兄も子もスマフォとの時間ではなく、両者が互い的脈絡を築くおもしろさを再確認できればいいとおもう。朝からすっきりしたい人はどうぞ